イベント詳細

【2021年度共創館プログラム】
イノベーションのためのアート思考

<アート×イノベーションワークショップ~今、なぜアート思考なのか?>

昨今、アート思考という言葉を耳にする機会が増えてきました。そもそもアート思考とは何でしょうか。そして、なぜイノベーションに有効なのでしょうか。

新しい事業の創出やイノベーションを起こすためには、自らが問いをたて発想する力が必要です。社会の課題やユーザーの潜在的なニーズに対する大きな問いをたてる力、新しいストーリー(物語)を描くための洞察力や表現力など、従来のビジネススキルだけではない、より柔軟で多様な視点やマインドセットが求められます。

このワークショップでは、現代アーティスト/映像クリエーターの北桂樹氏を招き、作品作りにおける内発的動機とそこからの発想や価値の転換、表現力について考え、そして対話型アート鑑賞のワークショップを通じて、観察力やアーティストならではの視点に気付き、新規ビジネスやイノベーション創造に向けたヒントを学んでいきます。

又、NTTドコモが開発した現代アートのプラットフォームArtScouter(*)を活用して、自分の未来のビジョンを語るワークショップも行います。

(*)ArtScouter:いま、企業の新規事業部門やイノベーションを推進する組織でセンスメイキングの能力が注目されています。センスメイキングとは、世の中の事象を観察して、課題を発掘し、言語化した上でチームメンバーの共感を得る能力のことです。NTTドコモが開発した現代アートのプラットフォームArtScouterはR&D部門などで活用されNewsPicksなどのメディア掲載された最新のオンラインワークショップです。アートを用いた研修の中でセンスメイキングのトレーニング方法を学び、今後、アートに接することで継続的な能力開発が可能となります。

本プログラムは終了しました
開催概要
■主 催:

早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム

■共 催:

Art & Innovation Lab
・グローバル&イノベーションコンサルタント/早稲田大学講師(リーダーシップ&コーチング)山原すすむ
・アーティスト/現代アート研究者/映像クリエーター 北桂樹

■協 力:

早稲田大学商学部井上達彦研究室

■日 時:

7月11日(日)
【第一部】9:00~12:10(zoom入室受付8:50~)
【第二部】12:40~14:00

■対 象:

早稲田大学学部生、院生

■定 員:

100人

■参加費:

無料

■締 切:

7月6日(火)正午

■プログラム:
【第一部】9:00~12:10(zoom入室受付8:50~)
9:00~ イントロダクション
北桂樹さんのアーティストトーク ~作品紹介、アート思考とイノベーションとのつながり~
10:30~ 休憩(10分)
10:40~ 現代アートの対話型鑑賞ワークショップ
12:10~ 休憩(30分)
【第二部】12:40~14:00
12:40~ アートサービス”ArtScouter”による未来ビジョンを語るワークショップ

※第一部・第二部両方への参加が必須です。

■講師プロフィール
山原 すすむ
グローバル&イノベーションコンサルタント
早稲田大学講師(リーダーシップ開発&コーチング)


【略歴】
1990年神戸大学経済学部(国際経済学専攻)卒業後、ソニー(株)入社。
「新パスポートサイズ・ハンディカム」などの商品企画を担当後、シンガポールに赴任。アジアにおけるデジタルイメージング商品のマーケティングを行う。その後、音楽配信の新規事業立ち上げに参画し、マネジメントとして電子書籍サービスのグローバル展開を推進。2014年に独立。
現在は、グローバル&イノベーションコンサルタントとして企業のグローバル展開や新規事業の創出のための支援を行っており、管理職やリーダー向けの研修やコーチング、海外でのグローバル人材育成、デザイン思考やアート思考を用いたワークショップやチームビルディングに取り組んでいる。
早稲田大学では講師として、リーダーシップ開発やコーチングの授業を行っている。
ライフワークは音楽と旅で、リーダーをつとめるジャズバンドでピアノを担当、毎年通う屋久島ではリトリートプログラムも主宰している。
北 桂樹
アーティスト/現代アート研究者/映像クリエーター


【略歴】
静岡大学理学部地球科学科卒、京都造形芸術大学芸術学科卒、京都造形芸術大学大学院芸術研究科修士課程在卒、京都芸術大学大学院芸術研究科博士課程在籍、京都芸術大学大学院芸術研究科非常勤講師

アナログ・デジタルの技法によらず、写真とテクノロジーとの融合による作品を制作。現代写真の研究と並行し、写真集制作、国内外での展示会を通じて、写真を表現手段として、芸術としての写真表現を探求。
2021年3月、グループ展「MUTANT(S) on PHOTOGRAPHY 写真は変容するPOST/PHOTOGRAPHY」展(京都)、2019年6月グループ展「Lost in Japan」GALERIE MONIKA WERTHEIMER、アートフェア「PHOTO BASEL」(ともにスイス、バーゼル)へ参加。
■会 場:

zoomにて開催(参加者には後日メールにてURLを送付いたします。)

■企 画:

井上達彦研究室 丸山稜介、新濱貴子、林優希、安田悠人

本プログラムは終了しました

ページトップへ戻る