Skyward EDGE Consortium

~人材育成のための共創エコシステムの形成~

イベント開催報告

中国有力大学群の学生を対象にサマープログラムを開催:中国人学生が本学でアントレプレナーシップを学ぶ

2019年7月30日(火)から8月5日(月)のうちの5日間

早稲田大学(WASEDA-EDGE人材育成プログラム)は、7月30日から8月5日のうちの5日間、株式会社GESが企画するサマープログラム『Enhancing Development of Global Entrepreneur Program』に本学のアントレプレナー教育のコンテンツを提供しました。

本プログラムのコンテンツは、WASEDA-EDGE人材育成プログラムが学内外で幅広く実施しているアントレプレナー育成事業で積み上げたものです。

2018年度の2回のサマープログラム、ウインタープログラムに続き4回目となる今回は、中国有力大学に在籍する34名の大学生・大学院生を対象に提供しました。参加者は、情報、経済、エンジニアリングなどを多様な専門性を有する、学部生、大学院生です。
参加学生は、コーチングの手法やビジネスプランの練り方などを勉強しながら、「日本を訪れた外国人観光客の課題を解決するビジネス」をテーマに、プロトタイピングを取り入れながら最終日のビジネスアイデアの発表会に向け、グループプロジェクトに取り組みました。
参加学生がグループプロジェクトに取り組む際には、本学学生がTAとして議論に参加しアドバイスしたり、また、本学の中国人留学生、中国の大学に留学予定の学生と参加者との交流の機会も設けられるなど、本学学生と参加者との交流の機会を創出したことも大きな特徴と一つとなりました。
さらに本プログラムでは、第一線で活躍する起業家を招き、参加学生と活発な意見交換を行ないました。参加学生は実際に社会で活躍する起業家から多くの生きた知見に刺激を得ていました。