イベント詳細

2021/2/15

企業を顧客としたグローバルカンパニーからのAIビジネスの学び

このイベントは終了しています

B2Bビジネスという言葉をご存知でしょうか?
企業が一般消費者(個人)にモノやサービスを提供するビジネスモデルはB to C(Business to Consumer: B2C)と呼ばれ、B to B(Business to Business: B2B)は企業が企業に対してビジネスを行うモデルのことです。B2Bは学生にはあまり馴染みのない言葉ですが,多くの大企業がこのビジネス形態をとっています。

このたび、B2Bビジネスを主とするエンタープライズソフトウェアのグローバルカンパニーであるSAPジャパン株式会社とWaseda AI Labがコラボして、B2BビジネスにおいてAIがどう活用されているかなどに焦点をあて、学生の目線から「知りたい」と思っていることを直接お伝えします。
AIやビジネス、イントレアプレナーに興味のある学生はぜひご参加ください!

申込みは締め切りました
開催概要
■主 催:

Waseda AI Lab/SAPジャパン

■協 催:

早稲田大学 WASEDA-EDGE 人材育成プログラム

■日 時:

2021年2月15日(月)19:00~21:00

■参加方法:

オンライン (前半:YouTube Live 後半:Zoom)

■対 象:

AIビジネスに興味のある大学生および大学院生

■参加費:

無料

■募集人数:

第一部:制限なし 第二部:8名

■申込締切:

2021年2月15日(月)9:00

■プログラム:
2月15日
19:00~19:05 開会挨拶・アナウンス
第一部
19:05~19:50
講演(19:05~19:35)
 *講師:小栗 俊太郎
  (SAPジャパン株式会社 デジタルサービス事業本部イノベーションサービスリード/シニアコンサルタント)
 1.AIビジネスとは
 2.AIを活用した製品とは
 3.最先端AI活用事例とは
 4. AIビジネスに関わる人とは
質疑応答(19:35~19:50)
19:50~20:00 休憩
第二部
20:00~20:55
講師とディスカッション
 *講師:福岡 浩二(SAPジャパンでAI & Sustainabilityエバンジェリスト)
     小栗 俊太郎
22:55~21:00 閉会挨拶
■講 師:

小栗 俊太郎

SAPジャパン株式会社 デジタルサービス事業本部イノベーションサービスリード/シニアコンサルタント
2007年にSAPジャパンに入社、SAP Innovation Services Leadとしてビッグデータ解析、機械学習、AIを活用した。様々なグローバルプロジェクトにコンサルタントとして従事。2020年より総務省技術顧問兼務。
(前半・後半担当講師)

福岡 浩二

SAPジャパンでAI & Sustainabilityエバンジェリスト
SAPが唱えるIntelligent Enterpriseが目指す社会・産業に向けた普及活動と、業界に特化しない個別企業向けへの企画立案・具現化支援がミッション。早稲田大学大学院理工学研究科物理及応用物理 電波天文学専攻。
(後半担当講師)
申込みは締め切りました