Skyward EDGE Consortium

~人材育成のための共創エコシステムの形成~

イベント詳細

2020/03/02 - 03/07

東京理科大学EDGE-NEXT人材育成プログラム 東京理科大学スタディ・ツアーin Cambodia
チャレンジ! カンボジアで起業体験!

申込み受付終了しました。多数のお申込みありがとうございました。

東京理科大学EDGE-NEXT人材育成プログラムの一環として、カンボジアでビジネスクリエーションを体験するスタディー・ツアープログラムを実施します。

本プログラムはカンボジアの首都プノンペンで、プノンペン王立大学の学生とチームを組み、英語でコミュニケーションをとりながらフィールドワークを行い、情報収集・分析・シミュレーションを通してリアルな起業の基本を体験します。
また、主要スポットの視察や現地企業人によるビジネス環境、ビジネス機会、ビジネスマインドなどに関する話もプログラムに組まれ、経済成長の著しいこの国のダイナミズムに触れながら、将来を見据えたアントレプレナーシップの基本を習得します。

自分のキャリアや将来について考え、また、自分の世界を広げることができる貴重な機会です。
興味のある学生は添付資料を確認いただき、是非応募してください!!!

■主催:

東京理科大学(文部科学省EDGE-NEXT事業)

■共催:

一般社団法人東京起業推進センター

■期間:

2020年3⽉2⽇(⽉)〜7⽇(⼟)の5泊6⽇(機内泊含む)

※本プログラムに参加する学生には、渡航前に事前ワークショップを東京理科大学神楽坂キャンパスにて実施します。(原則、参加必須です。)
 ≪1回目≫1月29日(水)12:50~17:40 神楽坂キャンパス2号館4階243教室(予定)
 ≪2回目≫追ってご案内いたします

■対象:

Skyward EDGEコンソーシアム(東京理科大学・早稲田大学・滋賀医科大学・山形大学・多摩美術大学等)に所属する学部生及び大学院生
*学部・研究科・学年 不問

■申込締切:

12月13日(金)

■募集人数:

最大15名

■応募方法:

申込書をダウンロードし、記入の上「teic▲admin.tus.ac.jp」宛に提出してください。 *▲を@に変更してください。
【申込書項目】
 1.所属大学・所属学部/学科等・学年・性別・学籍番号・氏名
 2.課題論文(800字程度)
   課題タイトル: スタディ・ツアーに参加したい動機について

■選考方法:

書類選考
※応募者多数の場合は、面接を行う場合があります。
※選考結果を12月20日(金)までにメールにて通知します。

■説明会:

2019年12月3日(火)に実施した説明会(参加任意)について、以下のページに動画をアップしております。
担当教員よりスタディ・ツアーの趣旨などを説明していますので、よろしければご確認ください。
https://tus.box.com/s/xn83wewqy10pe19lly3r7xjmullt082q

■参加費用:

20万円程度(渡航費、宿泊費、現地交通費の一部等の必要経費)
※東京理科大学の学生には、帰国後の報告レポート提出を必須条件として、本学から8万円分を補助いたします。(実質負担額:12万円程度)
※東京理科大学以外の学生への補助の可否につきましては、各所属大学のEDGE-NEXT事業担当事務局にご確認ください。
※別途、海外旅行傷害保険費用、ビザの申請費用、食費等現地活動費用が掛かります。

■スケジュール(予定):
3月2日(1日目)  成田空港発

 ・ミーティング、ワーク
3月3日(2日目)  市内フィールドワーク
 ・キリングフィールド(カンボジアの今を理解するために)
 ・市内ローカルマーケット視察(起業を念頭に通貨の価値、物価、世帯収入と暮らしを把握)
 ・タヤマ日本語学校視察
 ・ワーク(一日のまとめ)
3月4日(3日目)  アカデミックコミュニケーション&イントロダクション → 情報収集・分析・テーマの確認
 ・予め編成していたチームでアイスブレーク&改めて自己紹介・自国紹介(英語)
 ・プログラム全体の流れ・注意事項確認
 ・事前に収集した情報を持ち寄り議論&分析 → ブレストによるビジネス案の拡散 → 収束
 ・実施のための戦略案ブレストによる拡散 → 収束 → 仮説
 ・フィールドワーク 仮説検証(提供するモノやサービスのフィールドでのシミュレーション)
 ・リフレクション(アプローチと環境・ニーズの確認)
 ・リフレクション(自己)
3月5日(4日目)  ビジネス案・改善・フィールドでの実践
 ・前日のリフレクションをもとに改善
 ・以降終日実践
 ・プレゼン準備・練習
3月6日(5日目)  体験の振り返りとまとめ
 ・プレゼンテーション(英語)理科大生&現地学生
 ・先生方・企業の方からのコメント・フィードバック
 ・表彰
 ・振り返り
3月7日  成田空港着