ロゴ

文部科学省 グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)
WASEDA-EDGE 人材育成プログラム ~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

WASEDA-EDGE 人材育成プログラム
~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

【共創館プログラム第5回目】ビジネスアイデアを形にする起業の技術

【共創館プログラム第5回目】ビジネスアイデアを形にする起業の技術のご案内

 失敗してしまう人は、経営を成功させるために「何が必要なのか?」「明日から何をすべきか?」ということが分かっていません。どんな分野でも「成功の型」のようなものがあります。成長していく基本形があります。どんな天才でも、そういった基本を土台に活躍しているものです。それを知ることができれば、成功率は飛躍的に上がります。しかしながら、起業家・経営者で基本や型を知っている人は、ほとんどいません。だから失敗してしまうのです。

 本講座の目的は、経営には「何が必要なのか」を伝え、「明日から何をすべきか」を知ってもらうことです。それらを「12の要素」にまとめました。数千社もの起業・経営を見ていると、成功の最大公約数的な「成功の型」が見えてきます。それらの膨大な知識と経験を凝縮したのが「経営の12分野」であり、誰がやってもできる「再現性」の高い方法を選んでいます。それでも経営という「何もしなければ不安な存在」を継続的に成功させるには、それなりに多くのことをしないといけません。きっと、人によっては「これだけでいいのか!」とやる気になる人もいれば、「こんなにも多いのか」と感じる人もいるでしょう。

 本講座では、コンセプトづくりに役立つフレームワークや事業をする上で必要最低限のことを抜け漏れかぶりなく身につけていただけます。

【アジェンダ】

  • 1. ビジネスアイデア発想
  • 2. ビジネスアイデア発想ワークショップ
  • 3. 理解する:経営の要素と構造
  • 4. 構築する:経営の12分野
  • 5. 統合する:ビジネスモデルのチェック
  • 6. 社長の心構え
開催概要
■主催:早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム
■講師:
  • 野田拓志 (株式会社ビジネスバンクグループ)
■プログラムコーディネータ:
  • 井上達彦 (早稲田大学 商学学術院 教授)
■日時:2016年10月15日(土) 14:00~18:00
■対象:学部生、大学院生、社会人
■定員:30名
■参加費:無料
■締切:10月13日(木) 17:00

※受講決定及び受講に関する詳細は、締め切り後1日以内にご連絡いたします。

講師プロフィール

野田 拓志

野田 拓志

【経歴】
幼少期をインドネシアで過ごし、「途上国支援」を人生の軸と決める。
大学時代、開発経済・国際金融を専門とし、その後「ビジネス×途上国支援」を行う力をつけるために一橋大学大学院商学研修科経営学修士コース(HMBA)へ進学。専攻は経営戦略論、修士論文では日本企業の海外進出を研究。大学院では平均年齢35歳のビジネスパーソンの中で日々議論を重ねてきた。
大学院時代に、ライフネット生命の岩瀬氏や元LINEの森川氏に対して経営戦略の提言を行い、そのアイデアが実際に事業に採用される。現在は、「社長の学校」プレジデントアカデミーの札幌・大阪・名古屋地域担当として、各地域の経営者の支援やコンサルティングを行う。早稲田大学では井上達彦教授と代表の浜口と一緒に「BID(ビジネスアイデアデザイン)」の講義を担当している。
■会場:早稲田大学 Waseda 共創館
本プログラムは終了しました