EDGE-NEXT コンソーシアム

~人材育成のための共創エコシステムの形成~

イベント開催報告

早稲田大学商議員フォーラムにて、
WASEDA-EDGE 人材育成プログラムの取り組みを発表しました。

2017年12月2日(土) 早稲田大学 大隈講堂

12月2日、早稲田大学大隈講堂にて開催された商議員フォーラムにて、WASEDA-EDGE 人材育成プログラムの取り組みを約400名の商議員等を前に発表しました。

商議員フォーラムは、商議員(注)の皆様を対象に年に1回、大学の教育研究活動に関する最新の取組みを紹介するために開催されます。

発表では、橋本周司副総長が「広がる早稲田 ~グローバルリーダー育成と地域連携~」と題して早稲田大学のビジョン、そしてグローバルリーダー育成と地域連携を繋ぐ新しい取り組みとして、本学におけるEDGEプログラム(文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進支援事業)の成果、EDGE-NEXTプログラム(文部科学省次世代アントレプレナー育成促進支援事業)の構想を説明しました。

続いて、井上達彦教授(商学学術院/インキュベーション推進室長)が、WASEDA EDGE-NEXTプログラムの全体像、起業・イノベーション教育プログラムの紹介を行いました。次に島岡未来子准教授(研究戦略センター/WASEDA-EDGE人材育成プログラム事務局長代行)より、現在実施しているWASEDA-EDGEプログラムにおける地域連携に関する取り組み事例について紹介しました。

最後に、WASEDA-EDGEプログラムから輩出した校友・学生による事例紹介として、朝日透教授(理工学術院/WASEDA-EDGE 人材育成プログラム事務局長)をコーディネーターに、次の4チームの学生や卒業生が、自身のビジネスアイデアや現在取り組んでいる事業の説明を行いました。学生・若い世代の校友等ならではの視点や率直な発表内容に、会場から拍手、声援が巻き起こっていました。

登壇したチームのメンバー

1. EAGLYS株式会社

「暗号技術を用いたセキュアなAI構築プラットフォーム」

今林広樹 早稲田大学基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻 博士課程一年

丸山祐丞 早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構 次席研究員

2. no ANK社

「新しい眠気対策の提案」

村田彩嘉 早稲田大学商学部3年

3.Housemanity

「なくすをなくす。」~鍵から始まる新しい生活~

宮林駿 早稲田大学創造理工学研究科・総合機械工学専攻修士1年
岡田雄輔:早稲田大学法学部5年
兼子恭輔:早稲田大学商学研究科商学専攻修士2年
西川佑樹:多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻3年
沼上裕貴:早稲田大学商学部3年

4. 株式会社skyer

「ドローンを活用した地方創生事業」

宇佐美孝太 同社代表取締役 (早稲田大学スポーツ科学部卒)

注:商議員とは
商議員は、商議員会を組織し、学事や会計の報告を受け、諮問事項について審議し、その議決をもって総長に建議するとともに、大学の維持・発展・財政基盤の確立に貢献する任務を担う。各界の企業幹部、自治体の首長、議員、全国の稲門会幹部ら約1000名より構成されている。