ロゴ

文部科学省 グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)
WASEDA-EDGE 人材育成プログラム ~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

WASEDA-EDGE 人材育成プログラム
~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

「日本を元気に!ベンチャースピリット JAPAN MOVE UP in WASEDA」

2014年12月18日(木) 18:30~19:30 早稲田大学西早稲田キャンパス53号館303教室

本セミナーはWASEDA-EDGE人材育成プログラム-アントレプレヌールシップ教育プログラム(特論Aセミナー)のプレイベントとして、TOKYO FM「JAPAN MOVE UP」とタイアップし、ラジオ公開収録で早大OBの起業家の方々を招き、学生を中心に20名の参加者で行われました。

番組MCで、ヘッドライン代表取締役一木広治氏と、アシスタントのChigusaさんを進行役に、ヤフー創業メンバーで現ソフトバンクモバイル常務執行役員喜多埜裕明氏、GMO在籍中には数多くの子会社を立ち上げ上場させた実績のあるビットバンク社代表取締役廣末紀之氏、さらに理工学術院の朝日透教授の3氏をゲストに、ベンチャー創業を考える学生、若者に向けてトークショー形式で行われ、各氏からは参加者に向け以下のアドバイスがありました

喜多埜氏「(起業が)上手くいかなくても人生が終わるわけではない。学生時代は自由な時間がたくさんあるので何でも興味をもったことをとことん追求してほしい。将来誰かの助けが必要なときが必ず来るので、友人関係を大切にしてほしい。自分が便利もしくは不便だと思うことを解決することに未来のヒントがある」 

廣末氏「10年後20年後を見据え将来関わる産業を間違えないこと。学生時代に価値観の合う友人を一人でも多くみつけること。現在はインターネットでどこでもつながり起業するチャンス、やらないことは機会ロス、失敗を恐れるな、世界では20歳前後でどんどん起業している」

朝日教授「今なりたいことは何か、そのためにどうするかを考えること。なんでもがむしゃらにやる。1日10分でも沈思黙考する時間を設けてほしい。WASEDA-EDGE人材育成プログラムは最適なプログラムなので是非参加を検討してほしい」

質疑応答は時間の関係で4名のみでしたが、ゲストの方々の熱のこもったエールに、受講生からは「起業家の生の声を聴くことができ非常に刺激になった」「起業の話は参考になった」「このようなイベントををまた企画してほしい」等の声がありました。

なおこの収録は、2015年1月10日(土)TOKYO FM「JAPAN MOVE UP 21時30分~21時55分で放送されます。
http://www.jfn.co.jp/moveup/

日    時 2014年12月18日(木) 18:30~19:30
会    場 早稲田大学西早稲田キャンパス53号館303教室
主    催 WASEDA-EDGE人材育成プログラム
参 加 費 無料