ロゴ

文部科学省 グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)
WASEDA-EDGE 人材育成プログラム ~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

WASEDA-EDGE 人材育成プログラム
~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

アントレプレヌールシップ教育プログラム

2017年度秋期 『起業特論C』『起業特論B』『イノベーション概論α』『イノベーション概論β』『イノベーションとテクノロジ実践α』『イノベーションとテクノロジ実践β』『グローバルビジネスコミュニケーション基礎』『グローバルビジネスコミュニケーション上級』:受講のご案内

起業特論C:トップリーダーマネジメント
春学期は「起業特論A」として開講しましたが、秋学期は「起業特論C」として、春学期とは全く違うこれからの活躍が大いに期待される若手起業家・ベンチャーキャピタリストのゲスト講師の方々を招き、自らの研究やアイデアがどのように社会に関わり、どのようにしたら社会実装できるのかをトークショー形式で学んでいただきます。
【受講者の声(起業特論A)】
「大学生活で受けてきた中で最も有意義で最も刺激を与えてくれた授業でした」
(先進理工修士1年)
「大学に入ってから最も面白かった授業の一つでした」
(基幹理工修士2年)
「以前から起業に興味はあったがこの授業で、具体的に起業する正しい感覚が身に着きました。本講義を受け実際起業準備を始めました」
(先進理工一貫制博士3年)
「起業の授業だが、人生の心構えを学べた。生涯忘れない話を聞くことができた」
(先進理工修士1年)
「毎回講師として業界トップの方が来て実体験を元に生の声を聞くことができたのは
本当に刺激的な経験できた素晴らしい授業でした」
(基幹理工修士2年)

起業特論B:スタートアップエッセンシャル
起業や事業化に関する基本的な知識や考え方を各分野の専門家から学ぶ実践的なカリキュラムです。
新規ビジネスや起業に興味を関心・興味のある方はもちろん、今後の社会人生活を送る上でも有意義なヒントやメッセージが得られる授業です。
【受講者の声】
「実際の商社での経験や、技術を商業化した方からお話を聞けたので、学生しか経験していない自分にとって非常に参考になった。
8回の授業で広範囲の知識に触れることができ、企業経営・技術経営について知ることができるよい機会だった」
(先進理工博士2年)
「起業特論BはAより更に良い授業だったと思いました。特に研究者から起業された方の話も聞けて、自分が目指すような形の起業の形を見ることができました」
(先進理工修士2年)
「実際の事例を基にしたディスカッションとディベートで参加意欲が高められ理解度も深まった」
(先進理工博士2年)
「講義の内容は、インターンシップの面接や研究の最終発表などで役に立ち大いに刺激となった」
(創造理工修士1年)

グローバルビジネスコミュニケーション基礎』(全8回の集中講義)
数多くの大手企業での英語研修でビジネスマンから実践的なトレーニングであると好評で、また「超一流の雑談力」著作のベストセラー作家でもある安田正先生が講師となり、英語でのプレゼンテーション、ディスカッション、ネゴシエーションに必要な対話・コミュニケーションの基礎をインタラクティブに学び、すぐに使える英語でのコミュニケーションを学ぶ授業です。

イノベーション概論α』(全8回の集中講義)
イノベーション概論β』(全8回の集中講義)

イノベーションとテクノロジ実践α』(全8回の集中講義)
イノベーションとテクノロジ実践β』(全8回の集中講義)

ビジネスモデルデザイン』(全15回の集中講義)

イノベーション創出思考法 2』(全8回の集中講義)

グローバルビジネスコミュニケーション上級』(全8回の集中講義)

ビジネスモデル仮説検証プログラム(エッセンシャル)』(全8回の集中講義)
ビジネスモデル仮説検証プログラム(プレミアム)』(全8回の集中講義)

既存科目(秋学期開講):
博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ』(秋期:全15回集中講義)

起業インターンシップ体験記

今林 広樹(イマバヤシ ヒロキ)

  • 所属:早稲田大学基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 山名研究室 修士1年
  • インターンシップ先:Digital Garage社(サンフランシスコ)
  • インターンシップ期間:2015年9月~2016年3月
⇒体験記を読む

琚 曄(キョウ ヨウ)

  • 所属:先進理工学研究科生命医科学専攻博士後期課程3年 朝日研究室
  • インターンシップ先:WHILLアメリカ本社(サンカルロス)
  • インターンシップ期間:2015年10月~2015年12月
⇒体験記を読む

下島 洋(シタシマ ヨウ)

  • 所属:先進理工学研究科生命医科学専攻 朝日研究室 LD4(リーディング理工学博士プログラム4年生)
  • インターンシップ先:ams(オーストリア・グラーツ)
  • インターンシップ期間:2015年11月~2016年2月
⇒体験記を読む

基本知識や人を惹きつける
対話・プレゼンテーションスキルなどを身につける

イノベーション創出や起業に関する基本的知識や人を惹きつける対話・プレセンテーションスキルなどを身に付けることのできる教育プログラムです。これまで、ビジネスや研究成果の事業化への関心が低かったり、それらキャリアをはじめから諦めていた学生や若手研究者でも参加できるプログラムです。
起業や新規事業創出の基礎的知識や考え方などを勉強したり、習得した対話・プレセンテーションスキルを実践的に経験できるプログラムへ繋げる系統的なカリキュラムとして運営していきます。
専門領域を深めることはもちろん大事ですが、自分の研究成果やアイデアがどのように社会に関わっていくのか、またどのようにしたら社会実装できるのかなど、将来のキャリアを考える上でも大切なことを学んでください。

PDF

本プログラムへの申込みはこちら

過去プログラム一覧