ロゴ

文部科学省 グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)
WASEDA-EDGE 人材育成プログラム ~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

WASEDA-EDGE 人材育成プログラム
~共創館イノベーション・エコシステムの構築~

プレミアムコース

プログラムの特長

充実したサポート体制のもと、合宿形式の集中特訓を含めた全5回の講習と、講習の間の実践的フィールドワークによる仮説検証を含め、実践的に新規事業の立ち上げをめざします

◆交通費や開発費支給

ビジネスモデルの仮説検証のための顧客等へのインタビュー交通費やプロトタイプの開発費用が支給されます(但しそれぞれ10万円、25万円を上限目途とし、事前申請・承認が必要となります)。

◆アドバイザー、メンターによる支援

インタビュー先を紹介してくれる業界アドバイザーや、マンツーマンでビジネスモデルのブラッシュアップの助言をしてくれるメンターが学習を支援します。

参加者の声

事前準備と教科書、顧客ヒアリングについて

●受講者は以下の教科書を事前に予習して参加してください。
 「スタートアップ・マニュアル」(翔泳社)スティーブ・ブランク書、堤孝志、飯野将人共訳
●全5回の講座を通じて毎回次回講座までの間に顧客ヒアリング(5件)が宿題として課されますので、その時間的負担も考慮したうえでご参加ください。

プレミアムコース(第6期)受講者募集中!!

第1回目・第2回目は、合宿形式を予定しています。

内容 開催日 開催時間
第1回 ■ オリエンテーション
■ ビジネスモデルをデザインする(ビジネスモデルキャンバスを学ぶ)
■ ビジネスモデルのブラッシュアップ手法(リーンスタートアップ/顧客開発モデルを学ぶ)
■ 研究成果または商品アイデアをもとにビジネスモデルの検討、発表
11月 5日(土) 10:00~
第2回 ■ ビジネスモデルの初期仮説の構築
■ ビジネスモデルの初期仮説の発表とディスカッション
■ 検証継続のためのメンタリング
11月 6日(日) ~18:00(予定)
第3回 ■ プロトタイプ(ミニマムバイアブルプロダクト(MVP))とその類型を学ぶ
11月19日(土) 10:00~17:00
第4回 ■ ビジネスモデルの検証結果の中間発表とディスカッション
■ ビジネスモデルの軌道修正(ピボット)と成長のための追加学習
■ 検証継続のためのメンタリング
12月 3日(土) 13:00~17:00
第5回 ■ ビジネスモデルの検証結果の最終発表とディスカッション
■ 総括
12月23日(金) 13:00~17:00

【プログラムの説明会を開催します!】 ※終了しました

以下の日程でプログラム説明会を開催いたします。
11月から開催するプレミアムコースの申込み締切直前、最後の説明会となりますので、ぜひご参加ください。
参加をご希望の方は、説明会の参加申込フォームよりお申込みください。

  • 10月24日(月)13:00~14:00@早稲田キャンパス3号館4階第402教室

お申込み方法

以下の3種類の受講タイプがあり、状況に合わせてお申込みください。

●タイプA: 製品・サービスのアイデアまたは事業化を目指す研究成果がある方
●タイプB: アイデアはないが、他の参加者と一緒に取り組んでも良い方
●タイプC: 製品・サービスのアイデアまたは事業化を目指す研究成果があり、
チームで参加したい方(ただし、1チームは3名以内とします)

なお、タイプAとタイプBで申し込む場合は、その組み合わせにより2~3名のチームにて取り組んで頂きますので予めご了承ください。
(例:タイプA参加者1名とタイプB参加者2名で1チームとなり、タイプA参加者の研究成果による製品を題材にプログラムに取り組む)

また、タイプCのチーム単位で参加を希望する場合も、申込みフォームはメンバーがそれぞれにご入力ください。(チーム名を入力する項目がありますので、同一のチーム名でご入力願います。)

必要に応じて、申込みフォームにご記入いただいた内容について問合せをすることがあります。
応募者多数の場合、申込内容を踏まえて審査・選考させていただきます。ご了承ください。
早稲田大学の在学生については担当教員による事前面接を行う場合があります。

※なお、講義にはwifiの利用が可能なノートPCが必要となります。
※その他、講義の詳細はお申込み後、個別にご案内致します。
※第1回、第2回の合宿時、現地までの往復交通費は受講者負担となります。ご了承ください。

申込み締切: 1次締切:2016年10月20日(木)17時
2次締切:2016年10月27日(木)17時
申込みは締め切りました
申込みは締め切りました